Omiai で理想の人に出会えた! アラサーの体験談

個人的な話で恐縮ですが、来年で30歳になります。子供の頃、30歳なんていったら、もう結婚して2人ぐらい息子か娘がいて、いいパパになってるのかなぁなんて想像していました。が、しかし、そんな未来予想図とはまったくかけ離れた現実。20代後半から周りでも結婚するやつが増えてきて、最初のうちこそ「オレはまだ独身貴族だもんね」なんてうそぶいていましたが、友達の幸せそうな姿を見ているうちにだんだん「結婚もありかな…」という気持ちになってました。さらに、ここ半年ほど前からは「そろそろマジで結婚しとかないとヤバいのでは?」という焦りも出てきたんです。友達を見て、というのもあるのですが、なにかで「30代後半になると結婚しづらくなる」という記事を目にしたのです。芸能人だったり有名な人だったら年齢は関係ないと思いますが、私はしがないサラリーマン。別に飛び抜けてビジュアルがいいわけでもない、本当に一般的な29歳です。ということに加え、冷静に社内を見渡してみると…30代後半以降の上司の独身率の高さ。なかには、あなたは結婚はムリですよねという人もいますけど、私から見たら見た目で問題がある人のほうが少ないんです。ま、見た目の問題っていうのは好きになっちゃえば関係ないと思いますが、先輩がたはみんなとてもいい人なんです。それがなぜ? ということをこの間、飲み会でさりげなく聞いてみたところ「出会いがなかった」っていうのが、いちばん大きい理由のようです。「出会い」…確かに私もここ最近はめっきり減ってしまいました。でも、仕事が楽しいし忙しいし、ということもあって出会いのきっかけを探すことから少し目をそらしていました。でもそれじゃマズい! このままじゃさびしい人生になってしまうかも。ということで、半年前から出会いを探す行動をいろいろ取ってみた結果、これだ! というものとめぐりあえたんです。
と、かなり長い前置きがありましたが、私が出会いを探すのに最高だと思ったアプリ『Omiai』を紹介させてもらいます!

【Omiaiを選んだ決め手は?】

『Omiai』にたどりつくまで、実はかなりの紆余曲折がありました。まず、出会いを探すといって最初に思いついたのが合コンです。しかし、仲のよい友達が続々と結婚してしまっている今、なかなかそのチャンスもなく、という始末。それじゃあ自分から仕掛けていかないと、ということで最近若干下火にはなっていますが、まだいろいろなところで開催されている街コンに参加してみました。が、これが大失敗。女性は冷やかしできているようなケースばかりで、とにかく不発の連続。やっぱり女性も本気で結婚を考えているようなところに行かなきゃダメなのかなと思い、次は婚活パーティーに参加してみました。これはこれでそれなりに手応えはあったんですが、なにぶん参加している女性の要求が高いこと(苦笑)。私は一応、年齢プラスアルファの年収をもらっているんですが、そこばかりに食いつかれてしまって。結構いい線までいった女性がひとりいたのですが、結局は年収と会社のバリューネームで選ばれたことが分かりまして、お別れさせてもらいました(悲)。ここまで使った時間とお金を考えると、心が折れる寸前という状況で、やっぱり結婚相談所が手っ取り早くていいのかなと思ってネットサーフィンしていたところ、結婚相談所は最終手段にして(なにせ料金が高そうなので)、とりあえずこれを試してみようかな、と思ったのが『Omiai』です。
ネットでの評判もよくて、なおかつFacebookとの連動で安心感が高そうということ、さらにFacebookとの連動で出会いを探す日本初のサービスということで、参加している女性も多いのでは? という理由からこれをやってみようと思い立ったわけです。しかも、いつも持っているスマホでできるんであれば、通勤や仕事中のすきま時間にやるのにうってつけかな、と思い、わりと軽い気持ちでアプリをダウンロードして初めてみたんです。

【Facebookとの連動、大丈夫?】

『Omiai』はiPhone、Androidそれぞれにアプリが用意されているので、スマホがあればアプリをダウンロードできます。アプリを探す際は、App StoreやGoogle Playでそのまま「Omiai」と検索すればOKです。ダウンロードし、アプリを起動するとFacebookとの連携となります。画面に「Facebookには一切投稿されません」と書いてありますが、本当に大丈夫? と心配されるかもしれません。私の経験上、本当に表示されることはありませんので安心してください。出会いを探す、婚活していることがおおっぴらになるのは恥ずかしいという人もいると思いますが、自分のウォール上に『Omiai-フェイスブックで出会い』を使っている形跡は全くありません。そうしたことに加えて、Facebookという世界最大級のSNSを介していると、それだけサービスもしっかりしているようですし、なによりもサクラ行為とかをしづらいと思います。
しづらいと書いたのは、私の経験上ですが、やたら積極的に誘ってきた女性がいたんです。ちょっと怪しい?と思っていたら、なんとその女性、運営からイエローカードをもらって強制的に退会させられてしまったんです。たぶん、なにか問題を起こし、それを男性が運営に報告したんだと思います。そういう処置をしっかりとしてくれるのを目の当たりにして『Omiai』は本当にサクラなどを排除して、純粋に出会いを探す場になっているだなぁと実感した次第です。
さて、という全てひっくるめた上で安心できるサービスであることを強調しておきます!

【基本的なプロフィール登録は先輩に聞け!?】

Facebookと連動しているので、そのアカウントを使えばすぐにログインはできます。その後すぐにサービスを使える…といいたいところですが、実はそれだけでは不十分なのです。『Omiai』用に新たにプロフィールの登録を行う必要があります。身長など最初の項目は選択式なのであてはまるものを選んでポチポチすればOK。ここは正直に各項目を答えるのがベストですよ。自己紹介の文章は何を書いたらいいのか分からず、ちょっと面倒な作業ですが、返信率がアップするということなので、ここはちょっと時間をかけてじっくり考えたいところ。どうしても書くことが思いつかない、という場合のヒントですが、あくまでも誠実に出会いを探していること、自分はこういう人間なんだ、ということをサラッとアピールする感じがいいと思います。相手に求めるものをひたすら列挙したり、自慢のようなことを書くのは考えもの。さらに、いろいろと思うところがあって、それをズラズラと長ったらしく書くのもNGだと思います。客観的に見て、まずは相手の女性から「この人ちょっと気になる。やりとりしてみたい」と思わせるような文章がベストだと思います。
このように書くのは簡単なのですが、これってすごい難しいことだと思います。なので、行き詰まりそうになったら「同性人気会員のプロフィールを参考にする」にしてみましょう!
実はこれがすごい参考になるんです。ちょっといいことばかり書いているのでは? と疑ってしまいますが、客観的に自分を見てみれば、あてはまることは多いはず。何人かのプロフィールをチェックしてみれば、必ず書きかたのコツが見えてくると思います。なので、それを参考にしてブラッシュアップしてみてください。あ、基本ですが、まるごとコピペは絶対ダメですからね!
あとは、一回で完璧に決めようと思わず、常に書き直しを意識しておいたほうがいいでしょう。あとからの編集も可能なので、ちょっと長いスパンで完全な自己紹介を目指す、というようにすればだいぶ気も楽になるのではないでしょうか?

【さらに自己アピールしておくことが重要】

自己紹介の文章を書いたあとも、返信率をアップできる自己紹介の項目があるんです。それが「詳細プロフィール」というところ。数はけっこうありますが、どれも選択式なのでさほど時間はかからないと思います。これは自分がやり始めて気付いたことですが、客観的にみるとこれらも埋まっていたほうが、積極的に出会いを求めている、誠実な人っていう印象を受けます。女性でプロフィールが空欄が多い人もかなりいるんですが、そういう人は本当にやる気があるの?と疑ってしまいます。疑ってしまうと同時にアプローチする気も失せてしまうという経験をしているうちに、女性も男性をそのようにみているはず、と思ったんです。せっかくやるからにはイイ結果を残したいですよね? そのためには最初にちょっと手間をかけてあげるのが肝心だと思います。

【出会いのキッカケをゲットする最短ルート その1】

経験者としておすすめしたいのは、先に年齢確認をしておいたほうがいいということです。まずは無料会員で、というのはあたりまえのことだと思いますが、年齢確認をしておくと実は女性との出会いの確率がアップするんです。これは自分の本気度を表せるほか、実は年齢確認をしておくと有料会員にしか分からない、相手のいいね!の数や相手も年齢確認をしているか、ということが分かるんです。これらのメリットはのちほどまた説明しますが、とにかく予め年齢確認をしておくといろいろ捗る、ということなのです。ちなみに、こうしたメリットの有効期限は、無料会員のままでは年齢確認が取れたあと、1週間ほどしかありませんので気をつけてください。
年齢確認の方法は各種ありますが、どれも個人情報の一部を送ることなので不安かもしれません。しかし、個人情報が完璧に分かってしまうようなことはなく、あくまでも年齢さえしっかり証明できれば大丈夫なので、安心しても大丈夫だと思います。例えば、免許証でいえば生年月日以外は隠して送りますから、そのデータを悪用することはできないはずです(送る際はくれぐれもこうした部分は画すようにしましょう!)。しかも、『Omiai-フェイスブックで出会い』では個人情報を厳格に扱うための外部認証も取得しているので、そういった部分でもあまり神経質にならず、必要なところ以外は隠して送れば全く問題はないと思います。これについては、必ずアプリでの説明も読んでおいてください。
こうした面倒は先に済ませておいたほうが、女性との出会いを探すことに集中できますので、ぜひ早めに完了しておくことを強くオススメします。

【出会いのキッカケをゲットする最短ルート その2】

さきほどから少し書いていますが、『Omiai』には無料会員と有料会員の2コースが用意されています。当然、無料会員ではできることが制限されています。無料会員でもとりあえずどんな女性がいるかとか、いいね!を送ることができますが、はっきりいってそこ止まりなんです。気になる相手といい感じになったとしてもメッセージも送れないので、そこで終了…。これでは当初の目的、出会いを探すということは叶いません。なので、冷やかし、どんなものかちょっとみたい、ということでなく、真面目に出会いを探したいということであれば、早い段階から有料会員になることを強くオススメします。というよりも、これが出会いへの最も強力で確実な最短ルートになるんです!
ちなみに、有料会員の月額料金は3980円。決して安くはない金額ですよね。でも、個人的には街コンや婚活パーティーで使った金額を振り返ってみると、すごいリーズナブルだと思ったんです(ちょっと感覚が麻痺しているかもしれませんが…)。街コンなどに参加すると、1回でこれぐらいの金額は軽く飛びますから。それが月に何度かとなると、それだけでもかなりの額になります。それが1ヶ月3980円でいつでも、どこでも出会いのきっかけを探せると考えるれば、かなり安いと思うんです。
私は今、『Omiai-フェイスブックで出会い』の有料会員になって3ヶ月が経過しました。この間に7人の女性と出会いができ、さらにその中の1人とお付き合いすることができています。なので、そろそろ有料会員を辞めようかなと思っているところなんです。
このように、私の実体験を書くと、やっぱり『Omiai』はコスパ高いなぁと実感しています。3ヶ月で約1万2千円。これぐらいの金額、以前は半月で使っちゃてましたからね。どうするかの判断はみなさん次第ですが、経験者としてはやはり、有料会員になるのがベストだと思いますよ!

【オススメの女性へのアプローチ法】

さて、いよいよここからが『Omiai』で女性との出会いを実現させるための第一歩です。といってもそれほど難しいことはありません。まずアプリ内で気になった女性に「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」されるとマッチングとなって、メッセージのやりとりを行えるようになる…という流れになります。どうでしょう、こうみると簡単ですよね? ということなので、まずは相手に「いいね!」を送ることが絶対条件になります。で、この「いいね!」は、初回ログイン(登録してサービスを開始した段階)で100がもらえます。ここから相手に「いいね!」を送るわけですが、人によって送る「いいね!」の数が違っていて、1人に5つの「いいね!」を送る、なんていうケースもあります。ということで、あまり無鉄砲に「いいね!」をしてしまうのも賢い攻め方とはいえません。とはいえ、出し惜しみもよくないので、最初の1週間は毎日アプリを立ち上げる(ログインする)ことで、30〜10の「いいね!」をもらえることを利用して、ある程度セーブすることを心がけるのがいいと思います。1週間で合計190の「いいね!」を受け取れる(ただし、全てをストックしておくことはできない)ので、絶対に毎日アプリをチェックするようにしましょう。
効率のよい「いいね!」の出しかたですが、これは女性を探す画面で「新メンバー」をチェックし、「いいね!」数が5未満の女性にしぼるのがベストだと思います。おすすめ順やいいね!が多い順という項目がありますが、ここに表示されている女性はライバルが多いということ。しかも『Omiai』慣れしているはずなので、こちらがよほどの高スペックじゃないと太刀打ちできない、と考えるのが無難です。確かにここに表示されている女性は魅力的かもしれませんが、こちらも始めたばかりなら、同じような状況の女性にアプローチしたほうがもしマッチングしてからも話題も増えると思いますので、特に最初は「新メンバー」の中から「いいね!」の数が少ない女性に注目していきましょう。

【マッチングするとどうなる?】

こちらから女性に「いいね!」を送り、相手からも「いいね!」が返ってくると、そこでマッチングとなり、メッセージの交換ができるようになるというのは先ほども書きました。どうしてもう一度書いたかというと、やはりここが非常に重要なことだからです。なお、最初のほうでも触れましたが、無料会員だとメッセージの交換はできませんので、残念ながらここで終了となってしまいます。ここが出会い探しのスタートラインになりますので、無料会員のままではスタートラインに立った瞬間に引き返さなければならない、というわけです。有料会員になっていると、ここからメッセージのやりとりができ、ようやくスタートラインに立ち、ゴールを目指せるという流れになります。
マッチングできたら、まずはこちらから相手に感謝とこれからよろしくお願いします的なあいさつのメッセージを早めに送るようにしましょう。ちなみに、私の経験談ですが、初めてマッチングした時、その段階でかなり舞い上がってしまいましたが、こちらからメッセージを送ろうとした時になにを書いていいのか分からなくなってしまい、おおいに悩んでしまいました。ということで、ここはちょっと冷静になって、さきほど書いたような内容をサクッと送るようにしましょう。どんなことを書けばいいかが分かっていれば、相手のプロフィールをみてそれに合わせたこともちょっと盛り込む、なんていうプラスアルファの要素も付け足せると思います。
これ以降は普通にメッセージのやりとりを続けるのですが、もしこちらのメッセージが長いこと未読のままだったりしたら、その女性は諦めるのが賢明です。当然のことですが、既読になっても返信がなかなかこない場合もスパッと諦めましょう。最初の段階ならさほど後悔することもないと思います。
相手からの返信がきたら、あとは普通にメッセージを送りあうようにすればOK。こちらも常識的なことですが、あんまりすぐに会いたいというのはよくないので、その辺はちょっと気持ちを抑えて進めましょう。

【ある程度メッセージのやりとりが続いたら】

『Omiai』のアプリである程度メッセージが続いたら、思いきってLINEのID交換などを誘ってみましょう。ある程度ってどれぐらいかというのは、相手によって変わるのでひとくちに何回とはいいづらいのですが、相手のレスポンスがよくなってきた時、というのを個人的には目安にしています。これは私の失敗談なのですが、アプリでのメッセージのやりとりがデフォルトになってしまうと、どうも次の段階に進みづらくなっちゃうんです。たぶん相手も「この人はここだけで話す相手でいいか」みたいに感じてしまうんだと思います。なので、男性側から「出会いたい」というアプローチを全面的に押し出すことも必要かと思います。その第一歩となるのがLINEのIDを交換して、そっちでもお話しませんか? という誘い文句なのです。さすがにいきなり出会いましょうというのは勇気がいることですが、LINEというクッションをひとつ挟んでしまえば誘いやすくもなると思いませんか? あとは、LINEのほうが圧倒的にレスポンスもよくなりますし、それだけ相手との距離も縮まるというわけです。この方法を試してみたところ、それまでは『Omiai-フェイスブックで出会い』だけで終わってしまっていたのが、急に仲良くなることができて、さらにそこから実際に出会いまでいけるようになりました。
ということで、最初の段階はまずLINEのID交換を目標にメッセージのやりとりをしてみることを強くオススメします。

【プレミアムパックっていうのもあるけど?】

相手のプロフィールを見ようとすると「プレミアムパックに登録が必要です」というアラートが出る場合があります。実は私、プレミアムパックには入っていないのですが、説明を読んだりしていると、最初のうちに1ヶ月でもいいから入っておけばもっと効率よくできたのかも? なんていう気になりました。ただ、これは有料会員の費用とは別なので、両方同時にやるとなるとおよそ8000円。…うーん、悩ましいですね。ただ、間違いなく確実性はアップするとは思うので、予算に余裕のある人はぜひ試してみてください。
そうそう、有料会員もそうなんですけど、必ず1ヶ月ごとの更新タイミングを忘れないようにしましょう。特に終了する場合、1ヶ月のタイミングを外してしまうと損してしまうので、これはカレンダーなどにメモしておくように心がけるのがベストです。

【私のOmiai活動をプレイバック!? その1】

メッセージのやりとりを行って、実際に出会いまで発展する…、書いてしまえばあっさりして簡単なものですが、これがなかなか上手くいかないんですよね。特に『Omiai-フェイスブックで出会い』を最近始めてみた、なんていう人はものすごく共感してもらえると思います。私からこれが必勝法! 的なものを伝授できればいいとは思うんですが、なにせこればかりはケースバイケースのことなので、一概にこれだという決め手をお伝えしづらいんです。なので、自分の成長メモとして、こんな感じで進めましたというのを書いていけば、少しは皆さんの役に立つかなと思いますので、これからしばらくそれを書いていきますね。
まず、個人的にとても苦労したのがメッセージのやりとりの継続。こういうサービスに慣れていないっていうか、ほぼ初めてなので、どうしていいか分からなかったというのが正直なところ。なかなかキャッチボールが続かないんですよ…。よく女の子のメールには質問して、返信があるようにするのがいいっていうのを目にしますが、それはもう通用しないみたいです(苦笑)。単純にしつこいっていうか、話題がないのかって思われちゃうみたいだし。で、途中で気づいたんですけど、だいたい質問のパターンって決まっちゃってるんですよ。客観的にやりとりを振り返ってみると、まあ面白くないこと(笑)。それに気づいてからは質問はなるべく抑えるようにして、相手の話を聞きつつ、積極的にこちらの話題も出してそこから聞いてもらう的な感じにすることで、だいぶメッセージで盛り上がれるようになってきました。
それに加えて、LINEのID交換の提案を思いついてからは、一気にラクになりました。先ほどはこれ以上のことは書きませんでしたが、実はそのキッカケとなったのが、2番目にマッチングできた女性。それまで結構いい感じでメッセージのやりとりをしていた彼女に、勇気を出して今度会ってみませんか? と誘ってみたんです。そうしたら「なんだか普通のメル友みたいな感じになってしまい、お会いするのはちょっと…」という返信が。こちらとしては紳士的にふるまって安心してもらおうと思っていたのに…。どうやらそれが彼女に対しては裏目に出てしまったようです。ということは、もうちょっと軽いノリでもいい!? でも、いきなり会おうっていうのもちょっと恥ずかしいし。というところで、LINEのIDを交換するというふうにすれば、相手もあまり抵抗なくいけるんじゃないかと思ったんです。もちろん女性によって対応は変わってくると思いますが、やはり積極的な態度のほうがいいのかなと思い、まだそれほどやりとりを重ねていない他の2人にも話の流れの中で「そろそろLINEでもお話しません?」と伝えてみました。それが2人ともうまくハマり、そこからはLINEでやりとりすることに成功したのです。この作戦が誰でも必ずうまくいくというものではないと思いますが、みなさんもこうした自分だけの成功体験を早めに見つけるようにするのが出会いというゴールへの近道だと思います。

【私のOmiai活動をプレイバック!? その2】

メッセージのやりとりのやりとりはこれぐらいにして、それ以降のことを最近できた私の彼女との話で紹介します。LINEで会話しているうちに、実はお互いの家が4駅ほどの距離ってことが分かったんです。ということで、ここはぜひ直接会って、もっといろいろお話しませんかとアピール。最初は飲みに行くことも考えましたが、とりあえずはちょうど中間地点にできた、地元で評判のカフェでランチをしてみることにしました。
メッセージのやりとりでだいたいお互いの人物像は掴めていたので、実際に会ってからの会話もスムーズ。ただ、それだけだと少々物足りなかったので、どうして私と会ってくれたのかを聞いてみて、印象的だったものを紹介します。
まず、プロフィールの自己紹介文が個性的だったこと。ここをいい加減に書いている人が多いみたいなので、しっかりするだけでもだいぶ他の人と差を付けられると思いました。
続いては、自分の写真をちゃんと最近のものにしていたこと。男性でも昔の写真だったり、全然違う人のだったり、ペット?の写真だったりという人が結構いるみたいなんです。私は正直に最近の写真を使いましたので(いちおう何十枚も撮って、ベストショットを選びましたが)、ここでも安心してもらえたみたいです。自分のビジュアルに自信がなくても(ある人は少ないと思いますが…)、近影がいいみたいです。単なる遊び相手を探す出会い系ではなく、真剣な交際相手を探す場なので、やっぱり“誠実”さを全面に出すのがベストかと。真剣に出会いを求めている女性は見た目よりも内面を重視するそうですよ。

【思い立ったが吉日! 早めにスタートしましょう!!】

いかがでしたでしょうか。かなりのボリュームになってしまいましたが、実はこれでもまだ書き足りないと思うぐらい? とにかく『Omiai』を真剣に取り組めば、必ず出会いのチャンスを増やせる、ということは重ね重ね強調したいと思います。
これを読んでいる20代のあなた、時間が経つのは本当にあっという間ですよ。ハッピーな結婚生活を希望するなら今がそのチャンス。これを逃さずに行動するかどうかが、今後の人生を大きく左右するといっても過言ではないと思います。皆さんにも幸あれ!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *